工場の求人の給与は?東京で働く場合

工場の求人は、場所によらず一定の給料がもらえることが1つのメリットです。職種によっては同じ仕事をしているのに地方のエリアと都会のエリアとでは大きく収入に差がでるということがあります。軽作業や期間工などの仕事の場合、エリアによって給料に大きな差が出ることはあまりありません。 よって、地方で働くことも検討してみるべきでしょう。同じ仕事で同じ給料がもらえるなら、寮に入って地方で働くことも検討したほうが選択肢が増えます。ここでは、東京で働く場合にどのくらいの給与がもらえるのかを紹介します。 しかし、工場の仕事の場合には地方働いた場合でもここで紹介するのと同じくらいの給料がもらえると考えておいてよいです。さまざまな求人を比較して、自分が納得して働けるものを選ぶことが長く続けるためのコツです。

平均的な時給は職種によって異なる

仕事内容や職種によって平均的な時給は変わってきます。また、募集している企業が大手メーカーなのか、中小企業なのかによってもやはり時給に差は出てきます。自動車メーカーが募集している期間工の仕事なら、時給は1,300円から1,500円くらいとかなり高めです。期間工の仕事はそのほかに皆勤手当てや満了金も支給されるので、時給で計算をしたよりも高い給料がもらえます。 一方、電子部品製造のお仕事などは比較的軽いものを扱う仕事であり、女性もたくさん働いている職場も存在していますが、時給は1,000円から1,100円くらいが平均となっています。倉庫での軽作業のお仕事などは、時給が900円くらいとなっていることもあります。 職種によって時給は異なりますが、やはり重いものを持ったり、激しい運動をしたりする仕事のほうが給料は高くなっている傾向があります。

残業や夜勤があるかどうかも重要

東京の工場求人に応募するときは、残業や夜勤の有無については必ずチェックしておきましょう。残業手当、深夜手当てはどちらも最低25%ですが、これは最低ラインなのでもっと高くなっていることもあります。例えば、深夜手当て25%、残業手当40%と設定されている仕事などもあります。深夜に残業をしたら両方の手当てがもらえるので、給料が大きくアップします。 そのほか、入社祝い金、皆勤手当て、満了金などが支給されるかどうかもチェックしておきましょう。入社祝い金などは入社時に一時的に支給がされるものなので、長い目で見るとそれほどの影響はありません。 しかし、アルバイトや派遣の仕事の場合、6ヶ月くらいで仕事が終わることもあります。6ヶ月の仕事に対して10万円の入社祝い金が支給されると考えると、かなり大きいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加